株式会社設立・合同会社設立を急いでいる起業家の皆様へ。

面倒な会社設立代行、行政許認可申請代行はプロにお任せ下さい。

海外法人の日本支店・子会社の設立も最短3日以内で行います。

トップ > 会社設立最新情報 : 外国会社の日本支店設立登記 > 宣誓供述書作成(AFFIDAVIT)

宣誓供述書作成(AFFIDAVIT)

<宣誓供述書とは-AFFIDAVIT>

   宣誓供述書とは宣誓供述を行う者が自発的に自分の知りえた事実を書き記し、大使館の係員や本国の公証人の面前でその記載内容が真実であることを宣誓したうえで署名し、宣誓を受ける権限を有する者が同一人であること、確かに本人の供述であることを確認の上、認証文や印章を添付したものです。英語ではAffidavitと表記します。

  このような制度が設けられた趣旨は、以下の点にあります。   

  すなわち、外国会社は、準拠法として本店所在地あるいは近隣地の本国法に基づいて設立されているために必ずしも日本の内国企業と同様の機関や合議体を持たず(取締役がいない等)、作成された議事録等の書類が我が国の法律で求められる要件を満たさなかったり(実印押印がない等)、現地の言語で議事録等を作成しているために訳文の作成に多くの労力と時間を要したりすることがあり、手続き上非常に不便です。

 そこで実務上手続の簡便化のため、「宣誓供述書」(Affidavit)を添付して外国会社の日本での登記事項の申請を行う方法が認められ、一般的に広く行われています。  このように、宣誓供述書を使うことで簡便に外国会社の登記が可能となります。

  但し、日本で宣誓供述書の内容が本当か確認することは困難ですので、虚偽や誤った内容で登記されてしまう可能性があるという問題は残ります。  

 アメリカ等は神の前で嘘はつかないという前提で実際かなり幅広く宣誓供述書を証明書の代わりにしてしまっていますが、結構事実と相違することはあるようです。  

なお、宣誓供述書の雛形やサンプルは日本ではあまり市販されていないので、入手が困難な場合もあるかと思います。  そこで、弊社では外国会社日本支店設立、営業所設置、外国会社の営業所閉鎖、さらには遺産分割協議書作成の際の宣誓供述書の作成の代行を承っております。  

宣誓供述書(Affidavit)は英語で作成することが多いですが、中国語、韓国語等での作成の代行も可能ですので、お気軽にお問い合わせ下さい

 

宣誓供述書作成代行(翻訳)サポート>

 宣誓供述書作成代行費用:¥31,500〜 (※Affidavit翻訳費用も含め、個別にお見積りいたしますので、お問い合わせ下さい)

⇒会社設立・宣誓供述書作成・翻訳等に関する無料メール相談はこちら

宣誓供述書作成・外国会社の日本支店設立・営業所設置のお問い合わせは今すぐ!

06−6375−2313  

フロンティア総合国際法務事務所  まで!

メインメニュー

Copyright© 大阪梅田会社設立代行センター(株式会社設立代行・合同会社設立代行) All Rights Reserved.